polotop

外人さんに学ぶ正しいPOLOの着方!!!

Ralph Lauren。ラルフ・ローレンが手掛けるアメリカン・トラディショナルの代表的存在。

ポロプレイヤーを象ったポニーマークは、洋服好きならずとも誰もが知っている定番のロゴ。

カジュアルにも着こなせるこのブランドだが、実際はブッラックレーベル、パープレレーベルラインもあり、格式高くエレガンスな着こなしこそが、もっともブランドの個性を引き立たせる。

そんなRalph Laurenの正しい着方を今回は、外人さんのスナップ等から学んでいこう。

 

 

polo09

まずはこちら。
Ralph Laurenの持つスポーツ性が存分に発揮されています。
ピストルの持つ位置、角度、最高ですね。
これにより、しっかりとBODY部の印刷が目視する事が可能。

 

 

 

polo16こちらも、良サンプルですね。しっかりと顔がばれないようにスカーフで隠しています。これなら安心、防犯カメラにも、POLOのマークがぎっしり映ります!

polo06
こちらも、上と同じくしっかりと顔を隠せています。赤で統一している所も評価ポイント。いいですね。
 

 

 

polo24
これも非常に良いですね。手に書かれたアートと、間から見える金の歯が上部のPOLOマークを引き立たせています。

polo04
この着こなしも好評価。中々こうもさっぱりは皆さん着こなせません。
 

 

 

polo10
こんな感じでみんなで着れば、チーム力もあがり、ワクワクします。
polo18

 

 

 

polo19
決めるときも、やっぱりポロですね!!

polo20
お水も必要です。
 

 

 

polo12
あの人のPOLOの着こなしがかっこいいからといって、あまり見すぎるのもよくありません。そのような行為はスマートではありません。

 

 

polo15
しかし、こうも”見てくれ”という体は、しっかりと凝視しましょう。こんな時でもしっかりとRalph Laurenを履きこなすのです。

 

 

 

さらに、これ以上脱いでも”Ralph Laurenを着ていたい”という愛用者もいました。
polo07
すばらしいですね。これでいつでもRalph Laurenを着ていられます。

 

 

そして上記よりも拍車をかけた方もいます。
polo01
彼は、すでにRalph Laurenと共に生きています。
これは血縁関係を越えた愛ですね。

 

 

 

その他にもばっちり着こなしている人がいたので、掲載させていただきます。polo13

polo05

polo22

polo21

polo25

 

 
polo17
 

後はみなさん、こういうのを聴きながら、Ralph Laurenを着て踊りに行きましょう。