bowtop

日常を少しだけおもしろくしてくれるBOWER

とても面白い日用品を紹介させていただきます。

BOWER(バウアー)は、2013年にニューヨーク、ブルックリンにて、Danny Giannella(ダニー)とTammer Hijazi(タマール)が設立したデザインスタジオです。
遊び心と強い実験精神を木工作品として表現しており、日常で使えるアイテムで、ふと人々に笑顔を与えています。

上記に掲載している、立方体に見えるモノはまな板で、塗装されていない側をまな板として、もう片側は壁に掛けている時に立方体に見えるように工夫されています。

その他にも、照明、メモ帳、テーブルやイスなど、日用品の中に趣向をこらした面白いものを作っているので、まずは写真を見て楽しんでください。

実際に欲しくなれば彼らのサイトで購入する事も可能ですので、WEB SITEを覗いてみてください。

 

「Shape Boards」
bow001
立方体はひっくり返すと、感覚的に画数が違うと感じてしまうのが面白いです。

 

bow002
丸みの帯びているまな板はかわいいですね。

 

 
「Writer’s Block」
bow003
ペンが足になりメモ帳を立て掛けることができます。これなら見やすいし、メモに使う際にペンを探さなくても大丈夫ですね。

 

bow004
全部で4種類あり、選べるのもGOODです。

 

 
「Key Target」
bow005
これは便利。帰ってきた時に鍵の置き場が定まらない人いませんか?僕もそうなんですが、これなら間違いなく同じ場所に置けます。帰ってきたら投げるだけ。

 

4 targets_Standard
こちらもカラフルでポップなカラーリングから選べるのが嬉しい。

 

bow007
こちらはFort Makersとゆうアート集団のナオミ・クラークさんがペイントした”Key Target”です。GIFでマスキングを剥がす前と後の違いがわかるようにしています。

 

 

「Float Chandelier」
bow008
ナイスアイディア。筒状のLED照明を磁石を用い、まるで浮いているように表現。下記に開発時の映像と思われるものを貼っておきました。

 

 

 

「DROP-IN COFFEE TABLE」

bow009

中の使い方がよくわかりませんが、名前と見た目から想像するにスケートボードのハーフパイプを模してつくっていると思われます。

 

この他にも作品はありますが、そちらはオフィシャルサイトにて。とても面白く質が高いものばかりなので気になってしまいます。
日本で買える所は現状なさそうですが、是非とも手に入れてみたいです。

 

 

 

BOWER
57 Kent Ave.
Brooklyn, NY 11249
TEL:(401) 419-1630
(347) 847-9466

WEB SITE: http://bowernyc.com/