un-go

PARTY INFO : un-go@club Asia

onomono aka O.N.O。わざわざ説明する必要はないが伝説のHIPHOPグループ “THE BLUE HERB”のトラックメイカーO.N.O氏のテクノプレイ時の別名。ILL-BOSSTINO(イル・ボスティーノ)のリリックワールドを完璧なまでに演出していたO.N.Oのトラックを聞き覚えのないHIPHOPファンはいないだろう。

そんなO.N.O氏と共に先月4月1日にコラボレーションリリースしたばかりのベルリンから逆輸入トラックメイカーSATOL。この2人をメインアクトに開催されるun-go@club Asia。

club Asia完全バックアップの中、国内のビートメイカーを集め完全に音好きのためだけに開催されるこのパーティー。 Techno / Ambient / Chill outを中心に3FLOOR異なるアプローチによって生まれる異空間を体感できる。

MAIN FLOORでは、onomono aka O.N.Oを中心に、次世代のトラックメーカ達との共演でテクノフロアーを演出。

2Fでは、DEEP FLOORと銘打ち
アンビエントアルバム 『オズモシス』 をリリースしたロックバンドWRENCHのワダシゲフミ。

同じくアンビエントアルバム『 Five Phases Theory 』をリリースしたDachemboのCD HATA。

そして通算6枚目のオリジナルアルバム『Self Figment』をリリースしたINNER SCIENCE。

3組により、脳内のDEEPZONEを刺激される。

1F では、良い音楽家達が出演『東京ドリームランド』クルーが登場。

MAIN FLOOR:

◆onomono a.k.a. O.N.O (THA BLUE HERB)

◆SATOL(madberlin/Struct)

◆aoub

◆TESTAV

◆Echo in May (Fluxia)

VJ:
◆Scott Alen

2F DEEP FLOOR:

◆SHIGEFUMI WADA (AYASHIGE / WRENCH)

◆CD HATA(Dachambo / Polar Chalors)

◆INNER SCIENCE

1F BAR FLOOR:
◆TPSOUND
◆RyuutaTakaki
◆SUGI-ZONE
◆MUR from 東京ドリームランド
◆Cryptic
◆文園太郎(パブリック娘)
◆Death Mabo(Oji-Crew)

詳しいインフォメーションはこちらから CLUB ASIA

ちなみにO.N.O氏とSATOL氏のコラボレーション作品は、チルでクール。

リリースはレコードだけみたいです。

こちらは、SATOL氏の作品。”SATOL – iRUy”

こうゆうクラブミュージックってセンスがものいいますよね。音使いの発想とかどのように生まれたのでしょうか?直接聞いてみたいです。

O.N.O氏が出演するとのことなんで久々に名盤聞いてみます。

amazonにて買えます。

Sell Our Soul

アクセス情報

clubasia

ADDRESS : 〒154-0043 東京都渋谷区円山町1-8
TEL : 03-5458-2551
FAX : 03-5458-2554
MAIL : info@clubasia.co.jp
WEB SITE : http://aoyama-tunnel.com
TWITTER : @clubasia_tokyo
FACE BOOK : clubasiatokyo