EVOL_top

EVOL – “CARDBOARD”

EVOL。
ステンレスを用いたグラフィックアートで、街にペイントしたり、街の中に小さな街を再現したしているアーティスト。

特に、現地にある電源タンクやブロック壁にステンシルで描いているミニチュアの街の作品は、窓等一つの一つの完成度が高く、写真で見ていると実際にあるんじゃないかとゆう錯覚に落ちいてしまうクオリティーだ。

 

 
今回は街の中の作品ではなく、どこにでもあるようなダンボールを用いたものを紹介。主にモノをつめ荷物を運ぶ事が目的のダンボールに、皺やスタンプ、業者のステッカーなど、自然の過程のなかで生まれた質感モロに生かした、ビルや町並みを描いた作品。
自然の生まれた質感が、街独特の薄汚れた雰囲気にマッチしていて、世界観にリアリティーをもたらしています。

誰もが思いつきそうで、思いつかなかった。実際思いついたとしても、EVOL氏ほどの再現クオリティーがなければ作品としては完成しなかったはず。

そのアイディアとステンシルのクオリティーは、世界各国のストリートアートで賞賛されている。

是非とも彼の作品を生で見てみたいものだ。

 

気になった方は、下記のオフィシャルサイトで氏のその他の先品を見る事ができる。

EVOLs-Rural-City

個人的には「田園都市」を再現した、“Rural City”がオススメ。
空き地に十時のコンクリートの溝を作り、そこにビルをステンシルしている。あたかも未来の「田園都市」を想像させる良作である。

 

 

EVOL
official site: http://evoltaste.com/