free dommune fes

DOMMUNEが東日本大地震被災地支援フリーフェスを開催

free dommune fes

 

ネットラジオやユーストリームなどのWeb配信番組が増えてきましたが、その先駆けとなる番組「DOMMUNE」が、今週の7月13日土曜日の夕方18時から翌日の5時30分までのオールナイトフェス「FREE DOMMUNE 0」を開催します。

 

場所は千葉の幕張メッセ。これまたフリーなのに規模がすごいですね。

 

そもそもDOMMUNEをご存知でしょうか?

 

以下DOMMUNEサイト内引用

 

アーティストの宇川直宏が2010年3月1日にDIYで開局した、日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネル。
「ライブストリーミング」とは、PCやスマートフォンなどで、映像と音声からなる「生配信」を楽しむことができる、インターネット上のTV番組。
番組は月曜~木曜日にかけて平日毎日配信され、国内外の様々なゲストを迎え開催される19時から21時のトーク・プログラムと、世界各国のDJやミュージシャンが演奏する21時から24時のミュージック・プログラム(BROADJ)の2部で構成されていて、日本だけでなく、世界でも圧倒的な人気とビューワー(視聴者)数を誇っています。
インターネットで気軽に見られるのはもちろんのこと、出演者の「生」の表情をDOMMUNEスタジオで体験することもできます。
また、番組視聴中には、サイトのTwitterにログインして、感想を呟いたり、タイムラインに参加して、現場を盛り上げたり、ビューワー同士の交流も楽しめます。宇川はDOMMUNEスタジオで日々産み出されるこれら番組の、撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの”現在美術”作品と位置づけ、 2011年「Final Media DOMMUNE」として”文化庁メディア芸術祭推薦作品”に選出。
宇川直宏の実験精神と、オリジナリティあふれるゲストが織りなす、最前線のストリーミング・ワールドを是非

 

 

ネット限定の生放送音楽番組、といった感じでしょうか。

リアルタイムでのソーシャルとの絡みなども放送中に楽しむ要素の一つです、普段写真でしか観れないようなアーティストとも絡めたりするので楽しいですね。

 

 

そんなDOMMUNEのフリーフェス、開催目前にして先日新たに出演アーティストの追加が発表されました。その人とは…

 

 

osamu teduka

 

手塚治虫

 

すごすぎますね、軽く事件とも言えるこのブッキング、いったいどのようなパフォーマンスをなされるのかはわかりませんが、漫画の神様に会えるチャンス!

 

入場に関してですが、まずオフィシャルサイトからRESERVEというところで入場予約を行う必要があります。フォームに従って記入し、パスを受け取ります。

そして会場のエントランスでそれを提示するという流れ。

ですが、フリーとはいえど被災地支援という名目があるので、入場の際に”1000円以上の募金”が必要となりますのでお気をつけください。

まぁここはね、みなさん大人ですから理解した上で思い切り楽しみましょう。

 

フェスに1000円(いくら募金するのもアナタ次第)で遊びにいくことなんてまず無理ですもんね。

 

出演者の情報、イベントの詳細はオフィシャルサイトをご覧下さい。

 

FREEDOMMUNE 0 <ZERO>  ONE THOUSAND

 

それではみなさん、土曜日に幕張メッセでお会いしましょう。